人の人生は何十年とあります。その長い人生の中で、必ずすることがあります。それは食べることと眠ることです。この二つは人間に限らず、生物全体にとってしなくては生きていけないことです。食べることは人間が生命活動を維持するために必要なことです。食べなければ普通に動くことさえままならないでしょう。人間が満足に行動するためには、食べるという行為は大事なことです。そしてもう一つが眠ることです。これも人間にとってはとても大事なことです。人間は起きている時に活動をすると体や脳が疲れます。疲れをそのままにしておくと、健康を害してしまいます。

体の疲れをほっておくと満足に動けなくなりますし、怪我もしやすくなります。脳の疲れをほっておくと思考力が落ちてしまい、物事を判断する速度が遅くなってしまいます。眠るという行為は体や脳の疲れを取り除いて、元の状態に戻すための行為なのです。人生の三分の一は寝ているといいます。一日の睡眠時間を八時間と仮定すると、そのようになります。睡眠というのは人生の三分の一を費やすほど重要なものなのです。その眠りに大事なものがあります。それは布団です。畳やソファで眠ることも可能ですが、満足な睡眠が得られるとは限りません。人間が十分な睡眠をとるためには、やはり布団で眠ることが好ましいでしょう。だからといって、布団で眠りさえすれば必ず安眠が得られるというものでもありません。布団の種類や硬さ、管理によって、睡眠の質が随分変わってしまうものです。柔らかければ柔らかいほどいいように感じてしまいますが、やわらかすぎるとかえって体に負担をかけてしまい、安眠できないこともあります。自分にあった適度な硬さのものを選びましょう。

人は眠って居る間に自分では気づかないほどの汗をかきます。布団はその汗を吸収してくれます。そのおかげで安眠できるのです。しかし汗を吸収したふとんですから、そのままにしておくのは良くありません。天気のいい日には太陽に当てて乾かすなどして、乾いた状態を維持しなくてはいけません。どんなに優れたふとんでも、管理を怠ってしまってはその価値は半減してしまいます。人は安眠できないと、眠っても疲れが完全には取れずに残ってしまい、起きている時の活動に影響が出てしまいます。眠ることが人生にとって大事だということは、眠って十分に疲れを取らないと起きている時の活動が満足にできなくなってしまうので、自分の思うような人生を送れなくなってしまうからです。人生にとって大事な睡眠をサポートする布団には気を配りたいものです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL