布団をなるべく干したい

布団は毎日使っていると見えない埃がたまっているといいます。我が家の場合、ベッドで寝ているので、今は掛布団と毛布をかぶせて寝ていて、下にはベッドマットの上に敷きパットを敷き、敷き毛布を敷いています。本当は毎日でも干して使いたいと思うのですが、天気のいい日にしかできません。特に冬の晴れた日に布団を干した後は夜寝るときまでふんわりと温かいものです。


干すだけで乾燥させることにもなるし、温かくもなります。布団を干す時間帯はお勧めの時間帯があると聞いたことがあります。それは10時ぐらいから2時ぐらいまでがベストだそうです。朝早すぎるのはいくら晴れていてもやめた方が良いそうです。また前日に雨が降った日は、これも翌日がいくら晴れていても、まだ空気が湿っているので、10時以降から干したほうがベストだそうです。また布団を取り込むときに、布団たたきでパンパンとしない方が良いそうです。


パンパンとやると埃が出てきてとれるような気がしますが、ただ表面に舞い上がらせているだけで取り除くことにはなっていません。埃を取るには掃除機で吸うことが一番良いそうです。これを知る前は私も当たり前のように思いっきりパンパンとたたいていました。埃のようなものが出るのでこれできれいになったと思っていました。それを聞いてからは、取り込むときに軽く振って表面の埃を払うようにするのみにしています。後は掃除機をかけるようにしています。布団はベランダがあれば干しやすいのですが、道路沿いに面したマンションなどの場合はなかなか難しいものです。排気ガスがかかったら、意味がありません。私のマンションに住んでいる友人は1階に住んでいて、ベランダが道路沿いなので、一度も外に干したことがないといっていました。いつもは畳で直接敷いて寝ているそうです。それで毎日その代わりに風を送り込んで乾燥させるタイプの家電製品をもっていて、それを使って乾燥させているそうです。数時間かけておくとまるで干したようにふっくらとなり、少し温かくもなるそうです。毎日の作業も大変だとも思います。でも人は寝るとびっくりするぐらい寝汗をかいているものです。敷きっぱなしということは一番カビの温床となってしまいます。いくら抗菌、防臭効果のあるものを使っていてもそれでは台無しです。だからこのようにまめに干したり、乾燥させる家電を使った方が良いです。毎日使うものなので快適に使いたいと思います。

Blog Home